無料ホームページ ブログ(blog)
でぶ専と呼ばれて: 13 でぶ男とお酒

2005年05月30日

でぶ男とお酒

でぶ男は酒に強い。

リットル単位で酒を流し込んで、平静を保つ事も珍しくない。

おそるべし血液量。やはり世の中血が多い奴の勝ちなのか・・・。

そういえば、この男、あまり睡眠を取らない。

徹夜で飲んで、そのまま仕事する日もざらにある。信じられん。

さくらなんて徹夜したら、次の日は10時間は眠らないともたないのに。詳しくは


「20歳さくらノのら猫生活ノススメ」をご覧ください。


しかし、でぶ男とて人の子。酔う事だってある。

しかもさくらの家に着いてから急に酔いがまわるらしく、手に負えない。



ひとまず、でぶ男をベットに寝かせて化粧を落とすさくら。

ふと、ベットの方を見ると




















でぶ男が居ない。



???家は、寝室と居間がつながっており、

わたしが居る居間を通らなければどこにも移動出来ないハズだが・・・。















でぶ男ベットの隙間に落ちてました。



「ちょっと、床で寝ないでよ!ベットに戻んな!」諭すさくらにでぶ男さん、




「ここは床じゃない。温かいから床じゃない。」

・・・温かいのはアンタが横たわってたからだよむかっ(怒り)



「い〜からベットに戻って。」

「ベットに寝ていいの?怒んない?ベットで寝ちゃだめな気がする・・・。」




















そこまで鬼じゃねぇ〜ぞむかっ(怒り)



いつそんな虐待したexclamation&question人ぎき悪いわっexclamation×2



ぐにゃぐにゃでコンニャク状態の140キログラム。

やっとの思いでベットに戻すさくら。

結構頑張ったと思いませんか?こんな悪タレ坊主を担ぎ上げるなんて。それなのに















寝かしても、寝かしても


ゾンビのように起き上がってくる肉の塊。



さくらの苦労台無しです。

「どうしたの、トイレ?のど渇いた?」















「キムチ食べる・・・。」



・・・そうね。キムチが上手に漬けられたから味見してね黒ハートって言ったのは

わたしだもんね。まだ、あなたの意識がある時間帯に





確かに言ったもんね。



酔っ払いにさからわない主義のさくらは、おとなしく小鉢にキムチをもる。

でぶ男に差し出しながら「今日はどうしてそんなに酔っちゃったの?」さくらの問いに、

でぶ男さん「○○さんが寂しそうだったから。」




















質問に答えろや。



何で○○さんが寂しいとお前がヘベレケになるんだよ。

百歩譲って、心配し過ぎて自分まで悲しくなって、思わず飲み過ぎたとしよう。





自分の事も心配しろ。



人を思いやる気持ちが強いのは、あなたの最大の長所だよ。だがな、それで

自分がグダグダになってちゃもたないだろうが。そんな事を思ってるとでぶ男・・・










キムチが辛いと暴れだした。



「辛いよ〜ぅ、辛いよ〜ぅ。」

手足をジタバタさせて泣きじゃくる140キログラムのおっさん。

軽く意識が遠のくさくら。

どうも、酔う前にキムチの話しでさくらが「一瞬甘いけど後から辛味がくる。」と説明した

「甘い」の部分だけ覚えていたらしい。


もう、どうでもいい。

コーヒーが飲みたいと言うでぶ男に「キムチと合わねぇ〜だろ。」と思いつつ

コーヒーを落とすわたくし。その隙にベットにもぐり込んでいくでぶ男。















一人でベットに行けんじゃね〜か・・・。



二人分のコーヒーをすすりながら、朝日を眺める飼育係りのさくらです。


人気ブログランキングもよろしくぅ。
ここをクリック!









































posted by さくら at 15:36| Comment(6) | TrackBack(2) | 13 でぶ男とお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。