無料ホームページ ブログ(blog)
でぶ専と呼ばれて: 呪いちゃん

2007年04月23日

呪いちゃん

どうも。
おやしらずを抜いて、顔がバックリ腫れてるさくらです。
以前治療した親しらずが、歯を支える骨まで腐ってて、大変なことになっていました。


現在治療開始から10日ほど経ちましたが、まだ顔の腫れが痛くて口が開けられません。止血が上手くいかずに吐血もしました。
まだ内出血の後が首に青く残っていて、わたしより見ているまわりの人の方が痛そうな顔してます。


そんな折、でぶ男に会うと、足にしっぷ貼ってました。
椅子が落ちてきてケガをしたようです。
椅子ってそんなに落ちてこないと思うのですが。何なんでしょう、この人は。


それをさくらのせいにします。
「お前は自分に何かあると、必ず俺を巻き込む!」だと。
言葉のDVだDV。デブ。


そりゃ、楽しみにしてた海でのパーティに行けなかったときは台風がおきたさ。

そりゃ、付き合いたての頃に、わたしが東京に1ヶ月の出張が入ったときは、でぶ男がケガで入院したさ。

そりゃ、毎年恒例のキャンプといとこの結婚式が重なって行けなかったときは、雨風がひどかったそうじゃないか。

でも、そんなの偶然だ。
わたしの呪いじゃない!



そんな話しをしてると、異様にムカ入ってきて、とりあえずドコドコでぶ男にかかって行く勇敢さくらさん。

ドコドコドコドコと攻撃を繰り出していると、でぶ男さん、急に「ふおっ・・・!」と奇声を発しました。






サガリがつった!!



サガリとは、北海道弁でハラミのことです。
横隔膜がつったと言いたかったらしいです。
しかも「サガリ」って言う前に「カルビ」って言い間違ってたし。
「カルビ」ってバラ肉じゃん。
確かに全身脂身っぽいから横隔膜もバラ肉かもしんないけど。
でぶの発想も身体のつくりもまだまだ謎が多いです。
埋蔵金っぽい特番組めそうです。



サガリがつったのも、わたしの呪いにされました。



さくらの呪い
わりとチンケです。
posted by さくら at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。